化学物質汚染とアトピー性皮膚炎・アレルギー 
                                                                            2018/08/05 UP 

  胎児期に胎盤を介して、生まれた後は母乳やミルクを介して、そして食品を介して様々な環境汚染化学物質やトランス脂肪酸などが体内に取り込まれていきます。これらの物質は健康状態を壊してしまうため、体は体外に追い出そうとします。これらの物質が皮脂腺から油脂に含まれた状態で排泄されるとアトピー性皮膚炎が起きます。皮膚は犠牲になりますが、体内はきれいになります。
 皮膚では噴き出したトランス脂肪酸などの影響でバリア機能が壊されます。また、噴き出した油脂を餌にして常在菌であるマラセチアが異常に増えます(マラセチアは健康な状態では皮膚の油脂を食べて分解し、皮膚の他の常在菌のエネルギー源を提供しています。健康な皮膚を維持するために必要なカビの仲間です。)。増えたマラセチアにアレルギーを起こし、アレルギー症状が悪化し、発赤やむくみ、かゆみが起きます。そこに、細胞膜を壊してしまう作用がある合成洗剤(特に強力な障害作用がある陽イオン系の合成洗剤:柔軟仕上げ剤やリンスなど)や空中除菌剤・消臭剤などによってさらに皮膚のバリア機能は損なわれてしまいます。
 また、摂取の不足かトランス脂肪酸による代謝障害によって必須脂肪酸であるω6系、ω3系脂肪酸が欠乏し、セラミドの形成を傷害し皮膚のバリア機能をさらに低下させます。
 明らかなアトピー性皮膚炎がなくても、汚染された油脂を含む汗や合成洗剤、必須脂肪酸欠乏は皮膚のバリア機能を低下させます。
 この状態の皮膚に環境中の様々な物質(ダニ、カビ、花粉、動物上皮、食物など)が接触し体内に侵入してくることによって、アレルギーが進行していきます。
図 化学物質汚染とアレルギー


 アレルギー反応は哺乳動物が進化の末に獲得した高度な免疫−微量の毒物を含む物質を認識し、体内への侵入を阻止する反応です。
 アレルギーを起こす能力が低い人は、環境中の化学物質や毒物を認識することができないため、アレルギー症状は少ない一方、多量の化学物質や毒物のの影響を受けます。
 


 このように考えると、アレルギーの人たちは、環境や食生活を改善するために人類の進むべき方向性を示してくれる特別なセンサーを持っている有能な人たちとみることができます。



まとめ