2021年花粉飛散量測定  2021/1/1-

 
角田家の庭(宮城県多賀城市鶴ヶ谷2丁目)で測定した花粉飛散量を、出来る限り毎日更新してお伝えします。近くには、天真小学校のスギ林が、少し離れて多賀城中学校の横の多賀城公園のスギ林があります。
 学会などで不在時は、2-3日遅れることがありますがご容赦ください。

 花粉の量は当日の朝から、翌日の朝までに落ちてきた花粉の量です。たとえば、3/20の結果は、3/20朝から3/21朝までに落ちてきた花粉の量です。
 スギ花粉は昼前から夕方に雄花から離れて風に乗って飛び、夕方から朝にかけて上空から落ちてきます。土や木の葉など湿ったところに落ちると花粉の殻が割れて、中からスギの精子が飛び出て花粉の一生は終わります。乾燥したコンクリートやアスファルト、車のフロントガラスなど乾燥したものの上では、風が吹けば再度舞い上がります。測定した花粉は、ワセリンを塗ったスライドガラスの上に落ち、ワセリンに付着したものです。





2021/03/03 スギ花粉飛散  7個/平方p
2021/03/02 スギ花粉飛散  261個/平方p
     強風で未熟な花粉も含めてスギ花粉が飛散。
2021/03/01 スギ花粉飛散  354個/平方p
   
気温が上がりスギ花粉飛散急増!
 スギ花粉には大気中の汚染物質が付着しており、
 それを嫌ってアレルギーを起こし体内への侵入を阻止しています。
 薬や免疫療法で症状を軽減させるだけでなく
     花粉を吸い込まないための対策が必要です。

2021/02/28 スギ花粉飛散  24個/平方p
2021/02/25 スギ花粉飛散  4個/平方p。
2021/02/22 スギ花粉飛散  21個/平方p
2021/02/21 スギ花粉飛散  0.3個/平方p。
2021/02/20 今年初めてのスギ花粉飛散を確認。3個/平方p。

2021/02/01 スギ花粉はまだ飛んでいませんが、症状が出てきている人が増えています。花粉本体が飛ぶ前にオービクルという小さな粒子が飛ぶので、その段階かもしれません。
 布マスクやウレタンマスクは花粉が通過してしまうので、不織布マスクを使ってください。また、ウレタンマスクは猛毒の化学物質イソシアネートが微量出るのでお勧めできません。イソシアネートにアレルギーを起こす人が増加しています。



 

2020年花粉飛散量測定  2020/1/1-12/31



2019年花粉飛散量測定  2019/1/1-2019/12/31




2018年花粉飛散量測定  2018/1/1-2018/12/31



2017年花粉飛散量測定  2017/1/1-2017/12/31




2016年花粉飛散量
測定
  2016/1/1-2016/12/31






2015年花粉飛散量測定  2015/1/1-2015/12/31




2014年花粉飛散量測定  2014/1/1-2014/12/31



2013年花粉飛散量測定  2013/1/1-12/31




2012年花粉飛散量測定  2012/1/1-12/31





2011年花粉飛散量測定  2011/1/1-12/31





2010年花粉飛散量測定  2010/1/1-12/31



2009年花粉飛散量測定  2009/1/1-12/31

 


2008年花粉飛散量測定  2008/1/1-12/31




2007年花粉飛散量測定  2007/1/1-12/31




2006年花粉飛散量
測定
  2006/1/1-2006/12/31
 




2005年 花粉飛散量測定 2005/3/10-2005/12/31