NEWS
2017/05/01

イネ科花粉の飛散が始まりました。
 特にカモガヤに注意 1.2mぐらいのところで咲くので
 花粉を多量に浴びる可能性があります。



花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2


2017/2/11
こぶたっこクラブ新年会 2017    2017/2/11(祭日)

 かくたこども&アレルギークリニックで開催

  基本的に牛乳、卵、魚、大豆油、小麦を除去した1品を持ち寄り、みんなで食べました。

 みんなの創意工夫がいっぱい詰まった傑作です。
  とてもおいしくいただきました。

 毎年、参加者の腕前が上がっています。 
  レシピは作成しますので、お待ちください。

 みんなの力作の豪華なお食事です。


  
こぶたっこクラブ新年会2017年 写真集



2017/02/17

    2017/02/16 スギ花粉  2.5個/平方cm飛散。 
           気温上昇で花粉飛散が始まりました。
    2017/02/15 スギ花粉1個 0.3個/平方cm飛散。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 


2017/01/21

スギ花粉の飛散が始まります。

花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2


2017/1/12

東北地方の落花生による危ない豆まきと
          チョコレートが出回るバレンタインデーがもうすぐです。

  アレルギーが悪化しないように準備しましょう。

  豆まきは殻付き落花生?大豆?危ないピーナッツに注意!

  異物を吸い込んでしまった時の対処法 ピーナッツ
   
  バレンタインデー  チョコレートに注意!


2016/12/16
   
今日、子供たち用に作ったクリスマスケーキ おいしそう!
材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、バニラ、サツマイモ、豆腐
牛乳や卵、小麦を使っていません。








2016年12月01日(木曜日) かくたこども&アレルギークリニック2階
 Xmasケーキ作り講習会
    クリスマスケーキの講習会を開きました。
    材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、バニラ、サツマイモ、豆腐



2016/12/01
 クリスマスツリーを飾りました。当クリニックのクリスマスツリーはフライングツリーです。
    


 もうすぐクリスマスです。安全でおいしいケーキを準備しましょう。

     クリスマスケーキの選び方 2010/11/24 

     クリスマスの楽しみ方

   今日、クリスマスケーキの講習会を行いました。


2014年11月26日(水曜日)に実施したケーキ作り講習会 
              かくたこども&アレルギークリニック2階


 Xmasケーキ作り講習
  
  
  材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、

  バニラ、サツマイモ、豆腐






016/11/15
    今日の夕方の東北放送のニュースにコメンテーターで少し出演しました。

環境中汚染化学物質-芳香族炭化水素受容体(AhR)とアトピー性皮膚炎のかゆみとの関係

芳香族炭化水素受容体(AhR)とかゆみ 2016/11/16


   
東北大大学院医学系研究科の山本雅之教授(医化学)らの研究グループが、大気汚染物質が原因で引き起こされるアトピー性皮膚炎の仕組みを解明したと発表しました(2016/11/15河北新報、東北放送など)。

 研究グループは、有毒物質の芳香族炭化水素(ベンゾピレンなど石油燃焼物)やダイオキシン、PCBと結合する芳香族炭化水素受容体(AhR)が、大気汚染物質と結合し活性化すると、神経を成長させるタンパク質(アルテミン)が増え、それによって神経が真皮から表皮に向かって発達し、かゆみを増強させることを発見しました。かゆみによって皮膚をかきむしることで皮膚のバリアー機能は壊れ、そこからダニや花粉、食物、カビ、動物上皮や毛などのアレルギー原因物質が体内に侵入し、アレルギーを引き起こします。

芳香族炭化水素受容体(AhR)は、大気汚染物質の芳香族炭化水素だけでなく、ダイオキシンやPCBに強い結合性があります。

ダイオキシンやPCBを含む食品(魚、牛乳、牛肉、卵、鶏肉、動物性油脂、植物性油脂の一部などに、食物連鎖によって濃縮蓄積される)の摂取は、アレルギーやアトピー性皮膚炎の症状を悪化さることを当クリニックでは多くの患者さんで経験しています。また、それらの化学物質の摂取を減らすとアトピー性皮膚炎やアレルギーの症状が軽減します。

ダイオキシンやPCBは油脂に溶けやすく、体内に入ると皮膚の皮脂腺から皮脂と一緒に皮膚に排泄されます。皮膚では大気汚染物質と同様にダイオキシンやPCBが芳香族炭化水素受容体(AhR)と結合し同様のことが起きるはずです。今回の研究は、そのことを科学に証明したことになります。

 アトピー性皮膚炎の人たちの皮膚は毛の根元にある皮脂腺が異常に腫れ、赤くなり、強いかゆみを伴います。(http://kakutaclinic.life.coocan.jp/ADTFA.html)今回発見されたメカニズムはアトピー性皮膚炎人たちの異常なかゆみが環境汚染化学物質で引きこされていることを説明する一助となりそうです。

 大気中のこれらの汚染物質を減らすためには、地域的には自動車の排気や工場の排気などの規制を行い、大気を清浄化することが必要です。個人的には室内や寝具の掃除機がけ、洗濯ものの干し方、換気、空気清浄機などの対策が有効です。

 食事は、ダイオキシンやPCBなどの汚染された食品を避け、食物繊維を含む野菜などの食品を多く食べて体内の汚染化学物質を排泄することが大切です(食物繊維に汚染された油脂が付着して便として排泄されます)。アトピー性皮膚炎の人たちは、皮脂腺からこれらの汚染化学物質を排泄するため、体内はきれいになりますが皮膚は壊れてしまいます。

 平成11年にダイオキシン類対策特別措置法が実施されてから、ダイオキシン類は減少して症状が少し軽くなった印象を持っていましたが、あたっていたかもしれません。PCBは全く減っていません。環境中の生物の油脂に食物連鎖で濃縮されて以前残留しています。

    つづき  → 芳香族炭化水素受容体(AhR)とかゆみ 2016/11/16



2016/10/25 アクリルアミド

     今年、食品中の化学物質で注目される物質はトランス脂肪酸とアクリルアミドです。

 イモや穀物を高温で加熱調理することで、アクリルアミドという化学物質が生成されることが、2002年スウェーデン政府より発表されました。
 その後、様々な研究機関が研究や調査を行って来ています。
 この物質は、工業的には様々な製品に使われていますが、食品加工中に生成されることはそれまで誰も知りませんでした。
 健康被害として、手足が震えたり、感覚がマヒするなどの末梢神経障害に加えて、発がん性が疑われています。--国際がん研究機関(IARC:International Agency for Research on Cancer)による発がん性分類で、アクリルアミドは2A(人に対しておそらく発がん性がある)に分類

 高温で揚げたり、焼いたりした調理や加工で生成されるため、アトピー性皮膚炎やアレルギーの人たちが嫌がる化学物質のうちの1つと思われます。
 
 加熱しない食材、煮る、蒸すなどの調理では生成されないか極微量しかできません。

   ---> アクリルアミド


2016/09/30
    10/1より インフルエンザワクチンの接種の予約を開始しました。電話での予約をお願いします。

  今まで、当クリニックで使っているインフルエンザワクチンはチメロサール(有機水銀)が含まれていないものを使ってきましたが、震災や製造会社の体制により、今年はチメロサールが含まれないワクチンの製造がなく、入手ができません。したがって、今年のインフルエンザワクチンはチメロサール含有のものを使います。来年からはチメロサールフリーのワクチンが製造されることを願っています。

 当クリニック受診中の方は電話で予約をお願いします。
 卵アレルギーがあっても、ご本人と家族がきちんと卵の除去や掃除などの対策をとっている人は、今まで希望者全員に接種でき、重篤な副作用は起きていません。

 当クリニックで治療されていない方で卵アレルギーがある方は重篤な副作用を起こす可能性が高いため、事前に受診していただき、対策を実施後に接種になります。


2016/9/7 もうすぐ急に冷え込み、衣替えを行うの季節になります。

                衣がえ (2002/8/23)

 


         ムカシヨモギはすでに開花しています。
         ヨモギやブタクサ花粉(キク科)が飛散開始です。
         ススキ花粉(イネ科)も飛散が始まっており注意。
         午後の風がある時は注意。朝露で葉っぱが濡れている朝早くは飛びません。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)


2015/7/26

こぶたっこクラブ夏祭り  2015 が開催されました。 
                
                 2015/7/26(日)11:00AM-14:00PM   
    
      かくたこどもアレルギークリニックにて

          
こぶたっこクラブ夏祭 写真集 2015


2015/5/1 スギ花粉は飛散が減ってきていますが、シラカバ系の花粉が飛んでいます
 今後、イネ科花粉が増加します。 

 花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)


2015/2/22

スギ花粉の飛散が始まりました。

花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2/


2016/08/19
2016年 プークの人形劇があります

2016年 第21回 にんぎょう劇公演

 うかれバイオリン 風と霧からきいた話

とき:2016年 9月25 日曜日 午後1時開場 午後1時30分開演

ところ:東北学院幼稚園ホール        上演時間1時間15分

入場料:4才以上大人まで  前売り 1500円  当日券 1700円  (全席 自由席)

問い合わせ・申込 :電話022-389-0722 FAX022-389-0723 有限会社マークスまで 

http://kakutaclinic.life.coocan.jp/Pu-ku.htm  kakuta-clinic@palette.plala.or.jp

主催:第21回プークの人形劇をみる会、企画:有限会社マークス




2016/7/24
 こぶたっこクラブ夏祭り  2016 
                                 
2016/7/24(日)11:00AM〜14:00PM
    
   かくたこども&アレルギークリニックに


          
こぶたっこクラブ夏祭 写真集 2016



2016/03/09

     スギ花粉が多量に飛散しています。昨年の最大量の2倍です。

       花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)


    日本型中和療法 花粉症の軽減:野菜を食べて花粉症を抑える--


2016/03/01
     2月27日、テレビ愛知の土曜コロシアムに出演し、同日放映されました。

     2016年2月27日 テレビ愛知で放映された番組の動画を無料で見ることができます。

      土曜コロシアム 本当は怖〜いアレルギー大検証 2016年2月27日

 収録ではもっと多くのことを話したので補足しておきます。

 衛生仮説については 以下のWebsiteのように家庭衛生に関する国際科学フォーラムが一定の結論的な報告をしています。
---衛生仮説が唱えられてから20年以上の様々な研究の精査から、免疫疾患の増加は過度の減菌が原因ではなく、触れる微生物の種類が変わってしまったことで起こっていると結論付けられた。---
http://blog.livedoor.jp/xcrex/archives/65712309.html

Increase in allergies is not from being too clean, just losing touch with 'old friends'
https://www.sciencedaily.com/releases/2012/10/121003082734.htm


 つまり、人が何万年もの古くから接触してきた腸内細菌や環境中の細菌やカビなどに対して人はこれらの微生物と共生することで、微生物が産生する物質を健康維持のために利用し、病原性の微生物を排除することで健康を保ってきました。これらの微生物からの刺激を受けることで免疫を発達させ、アレルギーを起こす必要がない状態を維持してきました。ところが、近年さまざまな殺菌性の化学物質(抗生剤や合成洗剤、環境汚染化学物質など)によって、常在菌や環境中の微生物の状態が慣れ親しんできた微生物とは変わってしまった。これにより免疫の正常な状態が壊されアレルギーを起こしやすくなっているということです。
  これには私は賛同します。
 ある種の化学物質はアレルギーを悪化させます。
 スギ花粉症もディーゼル排気ガスで汚染された大気の地域ではスギ花粉症を起こしやすいことが疫学で報告され、動物実験でもアレルギーを引き起こしやすくさせていることがわかっています。東京都でディーゼル排気ガス規制を行ったことで、多くのスギ花粉症の人の症状は多少とも軽減したと思われます。PM2.5も同様に花粉症を悪化させます。

 ところが現代は、さらに困った事態になっています。常在菌さえもアレルギーの原因となってしまっています。
 皮膚には常在真菌としてマラセッチアという酵母(カビの一種)が存在します。皮脂腺から皮膚に噴き出た皮脂はマラセッチアの栄養となり分解されて脂肪酸になります。この脂肪酸を他の常在菌が栄養として摂取し正常な皮膚構造を保ちます。
 ところが----
 現在、人が食べている食品中に含まれる油脂中にはトランス脂肪酸や化学物質など多くの健康を害する化学物質が含まれています。人はこれを嫌い、健康になるために体外に排泄しようとします。体外排泄の方法は2つしかありません。食物繊維に付着させ便に出すか、皮脂腺から皮膚に出すかです。皮膚にこれらの汚染した油脂が噴き出ると(これがアトピー性皮膚炎です)、噴き出た油脂はマラセッチアの栄養となりマラセッチアが異常に増えます。マラセッチアが異常に増えることでマラセッチアが作り出すMGL1304蛋白が増えこれがアレルギーを引き起こします。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/07/mhl1304_allergen_for_atopic_dermatitis_patients_n_3400523.html
 また、マラセッチア自体にもアレルギーを起こします(生後4か月でもIgE検査で陽性者がいます。アトピー性皮膚炎では半数以上がマラセッチアにアレルギーを起こしています)。
 同時にマラセッチアが作り出す脂肪酸が多すぎて他の常在菌が処理できなくなり、脂肪酸が酸化変性し皮膚で炎症を起こしてしまいます。
壊れた皮膚では皮膚のバリアー機能が低下し、接触した物質(食品やダニやカビや花粉、動物の皮ふ・毛など)が体内に侵入しやすくなり、アレルギーを起こします。
 これが典型的なアトピー性皮膚炎、アレルギーの進展の状態です。
 治療のためには、異常な油脂の吹き出しを抑えるために化学物質(トランス脂肪酸や脂溶性環境汚染化学物質など)が含まれない食事(昔の日本の油脂が多くなく汚染が少ない食事、トランス脂肪酸や脂溶性環境汚染化学物質が少ない油脂を使用し、油脂が変性しないように高温での調理を避ける)をし、皮膚は汚れた油脂を石鹸で洗い流し、皮膚を損傷する合成洗剤(特に柔軟仕上げ剤やリンスなど陽イオン性合成洗剤)が皮膚に付着しないようにし、マラセッチアと汚染された油脂を含むフケや皮膚のカスが再度皮膚に着かないようにきちんと洗濯したタオルを使い、寝具に掃除機をかけて落ちたフケを取り去ることが必要です。つまり、皮膚を清潔に保ち、本来のマラセッチアなどの常在菌がきちんと本来の働きをするように皮膚の状態を整えることが必要です。これによってアトピー性皮膚炎やアレルギーが軽くなっていきます。

 もし、保育所にいる子供の家庭が、何世代にもわたって山羊や鶏を飼育し、それらの動物から発生する皮膚や腸内細菌に遺伝的な慣れ(それらの微生物が生産する毒素に対する抵抗力を持っている)があるのであれば、それらの刺激によって免疫は正常に発達するでしょう。しかし、それらの動物に接触する家族の歴史がない子供の場合(それらの毒素に対する抵抗力がな場合)は、アレルギーを起こしたり、それらの微生物で病気を起こしたりします。つまり、子どもの持つ免疫の状態(遺伝的なものも含めて)によって、健康に対する影響は変わってくるということです。

 日本人であれば、古くからの日本の気候に適した微生物の環境(腸内細菌、環境中の微生物、発酵に使われる食品中の微生物など)の中で獲得した、それらの微生物が作り出す成分を利用する能力、それらの微生物が作り出す毒素に対する抵抗性などによって健康が維持され、それらの刺激によって正常な免疫が発達し、アレルギーを起こす必要がない食生活と生活環境が作り上げられます。これらの正常な免疫の発達をさまざまな化学物質が阻害しています。
 アレルギーは哺乳動物が進化の過程で獲得した、危険な物質から健康を守るための高度な防衛反応です。アレルギーは決して無害なものに対して起きているのではありません。アレルギー原因物質を詳しく調べると化学物質や毒素など人の健康を損なう物質が含まれています。アレルギーは健康を維持するためにうまく利用することが大切です。つまり、アレルギーを起こしているものを避け、健康を傷つける有害な化学物質が少なく、アレルギーを起こす必要がない食生活と生活環境を作り上げることが大切です。

衛生仮説 腸内細菌と皮膚の常在真菌マラセッチア 2016/03/01

トマトケチャップについては以下を見てください。
日本型中和療法 花粉症の軽減:野菜を食べて花粉症を抑える--

 モモのアレルギーがある場合、同時にシラカバ花粉症を持っている可能性があります。バラ科のリンゴやイチゴ、スモモ、サクランボなどにもアレルギーを起こします。
 また、シラカバ花粉症の場合、豆乳に含まれるGlym4というたんぱく質にもアレルギーを起こす場合があります。Glym4によりアナフィラキシーを起こす例が増えています。
 豆乳ににがりを加えて凝固させ、水にさらすとGlym4蛋白は少なくなります。味噌や醤油など醗酵させるとGlym4蛋白は少なくなります。大豆IgERASTでは検査できませんが、2016年2月からGlym4のIgERASTが検査できるようになりました。


 東北大震災ではスギ花粉が多量に飛散しました。しかし、避難生活中、花粉症症状がひどい人はあまりいませんでした。おそらく、常に余震に対する緊張状態が続き、アドレナリンやホルモンの産生が高くなっており、アレルギー症状が抑えられたと思われます。生活が普通に戻っていく中でスギ花粉に対するアレルギーをひどくなっていることがわかりましした。常に活動的な生活がアレルギー症状を抑えてくれることがわかります。

 当クリニックでアナフィラキシーの治療を行っている小児にはエピペンは処方していません。
 アナフィラキシーによる死亡を防ぐためには以下のことが必要です。
 過去に3例のアナフィラキシー死亡例を経験しましたが、全例で進行が急激でエピペンを使う時間的な余裕がありませんでした。数分で急激に進行し、ショック状態となり痙攣や呼吸困難、心停止を起こしています。調布市の死亡例でもエピペンは使われましたが、結局死亡してしまいました。
 最大の予防はアナフィラキシーを起こさないことです。当クリニックでの治療を実行している人でのアナフィラキシー再発はごくわずかです。
 また、起こしたとしても、その進行がゆっくりで設備が整った病院に搬送できるような時間的余裕のあるこことが必要です。当クリニックで治療を行っている人では、アナフィラキシーを起こしても進行が緩やかなため、病院に到達できる時間が稼げるため、病院で治療ができます。
 激しい症状を起こす大人のアナフィラキシー例で、どうしても原因食品を食べてしまう可能性がある人、医療機関に行くまでに時間がかかる人、蜂刺されによるアナフィラキシー例では、エピペンを処方しています。


2016/2/26
    2月27日、テレビ愛知の土曜コロシアムに出演します。

         放映を直接見ることができなくても、あとでYouTube放映されます。
           
2016/02/18
 ウェザーサービスを介して環境省に当院の花粉情報を提供中です。
 宮城県多賀城市の花粉データは当院のものです。
  http://www.otenki.co.jp/alpha_chiba/com/pollen/durham.html

2016/02/11
こぶたっこクラブ新年会 2016    2016/2/11(祭日)

 かくたこども&アレルギークリニックで開催
  基本的に牛乳、卵、魚、大豆油、小麦を除去した1品を持ち寄り、みんなで食べました。
 みんなの創意工夫がいっぱい詰まった傑作です。
  とてもおいしくいただきました。
 毎年、参加者の腕前が上がっています。 レシピは作成しますので、お待ちください。
 みんなの力作で豪華なお食事です。


  
こぶたっこクラブ新年会2016年 写真集



2016/1/28

  もうすぐ、スギ花粉飛散が始まります。

   
   
花粉の対策の準備をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

 トマトにはスギ花粉と同じたんぱく質が含まれるため、生で食べるとスギ花粉症が悪化します。
 しかし、よく加熱して蛋白質を変性させたものはアレルギーを抑えてくれます。
   よく煮込んだトマトスープやトマトケチャップを食べるようにしましょう。

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2/6



2016/1/26  
 
マラセチア(皮膚にいるカビの一種でヒトと共存している常在真菌です)のアレルギーは赤ちゃんから起こります。皮膚に噴出した油脂(アトピー性皮膚炎では皮膚から噴出した化学物質で汚染された油脂がアトピー性皮膚炎を起こします)を餌にして増え、アレルギーを起こします。その記述を追加しました。

アトピー性皮膚炎における皮脂腺からの異常な脂肪の噴出し   2010/4/29
 2016/1/26改定

 改定部分
---
  アトピー性皮膚炎は体を病気から防御する免疫反応の一種と考えると、体内にたまった異常な油脂を体外に排泄して体を守っていると考えることができます。野菜類をきちんと食べて食物繊維の摂取が多い場合は、これらの異常な油脂が食物繊維に付着して便として体外に排泄できますが、食物繊維の摂取が少なかったり、汚染された油脂の摂取が多かったりする場合は、皮膚から噴出し、アトピー性皮膚炎を起こします。

 また、噴出した油脂は皮膚に存在する常在真菌であるマラセチア(ピテロスポリウム)の餌となり、マラセチアを増加させてしまいます。マラセチアは通常の状態では人と共存状態にあるためアレルギーを起こしませんが、油脂に含まれた化学物質による異常な免疫状態、餌となる油脂の過剰状態、柔軟剤やリンスなど合成洗剤による皮膚の損傷によってマラセチアは過剰に増加しアレルギーを起こさせます。IgERASTで検査すると、大人の人はもちろん、生後数か月の赤ちゃんでも陽性になります。トランス脂肪酸や化学物質で汚染されていない油脂を摂取すること、柔軟剤やリンスなど合成洗剤を使わず、石鹸で皮膚に噴き出した汚染された油脂を洗い流すこと

---

2016/1/25

今年も季節がやってきました。
 東北地方の落花生による危険な豆まきと
          チョコレートによるバレンタインデーがもうすぐです。

  アレルギーが悪化しないように準備しましょう。

  豆まきは殻付き落花生?大豆?危ないピーナッツに注意!

  異物を吸い込んでしまった時の対処法 ピーナッツ
   
  バレンタインデー  チョコレートに注意!


 この後にスギ花粉の飛散が始まります。




2015/11/27
    もうすぐクリスマスです。安全でおいしいケーキを準備しましょう。

     クリスマスケーキの選び方 2010/11/24 

     クリスマスの楽しみ方

   クリスマスケーキの講習会があります。--クリニックに問い合わせてください。

Xmasケーキ作り講習 2014年/11月の講習会の様子

材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、
  バニラ、サツマイモ、豆腐






2015/11/27 4種混合ワクチンの出荷が再開され、ワクチンの予約ができるようになりました。


2015/10/5
   インフルエンザワクチンの接種を開始しました。予約して接種をお願いします。
    今年から、ワクチンに含まれるインフルエンザ株の数が1つ増え4つになりました。
     それに伴ってワクチンの値段が400-500円上がりました。
     そのため、ワクチン接種の値段を200円上げさせていただきました。
    当クリニックで使っているワクチンはすべてチメロサール(有機水銀)が含まれていません。



2015/9/3 急に冷え込み、衣替えの季節になりました。

                衣がえ (2002/8/23)

 


         ムカシヨモギはすでに開花しています。
         ヨモギやブタクサ花粉(キク科)が飛散開始です。
         ススキ花粉(イネ科)も注意。
         午後の風がある時は注意。朝露で葉っぱが濡れている朝早くは飛びません。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)


2015/7/26

こぶたっこクラブ夏祭り  2015 が開催されました。 
                
                 2015/7/26(日)11:00AM-14:00PM   
    
      かくたこどもアレルギークリニックにて

          
こぶたっこクラブ夏祭 写真集 2015


2015/5/1 スギ花粉は飛散が減ってきていますが、シラカバ系の花粉が飛んでいます
 今後、イネ科花粉が増加します。 

 花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)


2015/2/22

スギ花粉の飛散が始まりました。

花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2/


2015/2/11

こぶたっこクラブ新年会
    2015/2/11(祭日)

 かくたこども&アレルギークリニックで開催

 参加:家族、大人 28名、子供 14名  計42名

 基本的に牛乳、卵、魚、大豆油、小麦を除去した1品を持ち寄り、みんなで食べました。

 みんなの創意工夫がいっぱい詰まった傑作です。
 
 毎年、参加者の腕前が上がっています。

 レシピは作成しますので、お待ちください。

みんなの力作のレシピで豪華なお食事です。

料理数 29品目 40種
 こぶたっこクラブ新年会2015年 写真集



2015/2/8

     スギ花粉が少量飛散しました。

2015//1/22
  
 風が少し暖かく、日差しが強くなってきました。
  もうすぐ、スギ花粉飛散が始まります。

   
   
花粉の対策の準備をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2/6


2015/1/20

今年もやってきました。
 東北地方の落花生による危険な豆まきと
          チョコレートによるバレンタインデーがもうすぐです。

  アレルギーが悪化しないように準備しましょう。

  豆まきは殻付き落花生?大豆?危ないピーナッツに注意!

  異物を吸い込んでしまった時の対処法 ピーナッツ
   
  バレンタインデー  チョコレートに注意!


 この後にスギ花粉の飛散が始まります。


2014年11月26日(水曜日) かくたこども&アレルギークリニック2階

 Xmasケーキ作り講習
 
 
  
クリスマスケーキの講習会を開きました。
  
  材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、
  バニラ、サツマイモ、豆腐




2014/10/04
        3歳未満の方のインフルエンザワクチンが予約可能になりました。

2014/09/30
       インフルエンザワクチンが予約可能になりました。
                 3歳以上から大人の方のみです。
       3歳未満の方は10月4日から予約可能になる予定です。


2014/09/30 衣替えの季節になります。

                衣がえ (2002/8/23)

 


2014/08/26 もうすぐ秋の花粉のシーズンになります。
         ムカシヨモギはすでに開花しています。
         ススキ花粉(イネ科)、ヨモギやブタクサ花粉(キク科)に注意。
         午後の風がある時は注意。朝露で葉っぱが濡れている朝早くは飛びません。

花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)


2014/8/17 

こぶたっこクラブ夏祭り2014 
                                 
2014/8/17(日)11:00AM〜14:00PM
       
かくたこども&アレルギークリニックにて


          こぶたっこクラブ夏祭り 2014 写真集


2014/8/21
プークの人形劇があります
 
2014年 第19回 にんぎょう劇公演

 
ピンクのドラゴン
 とき:2014年 9月23日 火曜日(祭日) 午後1:00開場 午後1:30開演
 
ところ:多賀城市文化センター小ホール 上演時間1時間15分
 入場料:4才以上大人まで 前売り 1500円 当日券 1700円
        (全席 自由席)

問い合わせ・申込 :電話022-389-0722 FAX022-389-0723 有限会社マークスまで http://homepage2.nifty.com/smark/Pu-ku.htm
    kakuta-clinic@palette.plala.or.jp
主催:第19回プークの人形劇をみる会 企画:有限会社マークス 共催:塩釜子ども劇場
後援:アレルギーを持つ子供の親の会こぶたっこクラブ、かくたこども&アレルギークリニック

 公演当日には、恒例のマスコット販売があります。
かくたかずひこオリジナル、かくたこども&アレルギークリニックスタッフ手縫いのマスコットです。





2014/7/26は大阪で開催される食と健康のシンポジウムの講師のため、臨時休診です。

    2014/07/26-27 芽ばえ社 食と健康を考えるシンポジウム 大阪 天満研修センター
           分科会 食物アレルギーとアナフィラキシー



2014/7/22  新刊のご案内

 
角田和彦:もっと知りたい食物アレルギーとアナフィラキシー 芽ばえ社 1512円
2014/7/25発刊 AMAZONでの購入
 食物アレルギーとは?わかりやすく解説。アナフィラキシーとは?アナフィラキシーによる死亡を防ぐために何が必要か、エピペンでは重症例の死亡は防げないこと、アナフィラキシーは予防することが重要であることを解説。アナフィラキシー対応と予防の内容をさらにわかりやすく解説。さらに、最新情報を記載。
 アレルギーは哺乳動物がもつ進化した防衛反応です。アレルギー症状のみを抑えるのではなく、原因となっている化学物質を環境中や食品中から極力減らすとアレルギー症状はおさまっていきます。アレルギーを起こす必要がない生活環境と食生活が必要です。アレルギーの人たちが嫌っている化学物質は、健康を破壊していきます。


2014/06/16



黒田洋一郎、木村(黒田)順子:発達障害の原因と発症メカニズム
 自閉症や注意欠如多動障害、統合失調症、学習障害などのシナプスの形成にかかわる発達上の異常は遺伝だけではなく、環境中のさまざまな化学物質がかかわって発症していることを、文献、実験から突き止めようとしている。その原因となる化学物質は当院でアレルギーを起こさないように環境中や食品から極力排除しようとしている化学物質と重なる。アレルギーの子供たちはこの本で自閉症や注意欠如多動障害、統合失調症、学習障害などを起こす原因となっている化学物質を嫌ってアレルギーやアトピー性皮膚炎を起こし、体内から排除しようとしている。 遺伝子の異常だけでなく、ピジェネティクス(DNA塩基配列の変化を伴わない細胞分裂後も継承される遺伝子発現あるいは細胞表現型の変化)、つまり人体の設計図であるDNAもとにさまざまな物質を作り出す際に環境化学物質が影響して病気が起こることが重要であり、それによって自閉症などのシナプスの異常に関連した疾患が増加していることを解説している。 2014/5/30発刊 河出書房新社


2014/6/14土曜日は 学会出張のため、臨時休診です。
             診察を希望される方は6/16 AM9:00以降に電話をお願いします。
                  Webでは常時受け付けです。

2014/4/1 & 4/8

新刊が出ました。 2014年4月発刊。  著作物と本の紹介

AMAZONで購入できます。→アナフィラキシー 対応と予防


角田和彦:アナフィラキシー 対応と予防 柘植書房新書 2000円 2014年4月初版発刊
 アナフィラキシーとは何か、悲惨なアナフィラキシーによる死亡を防ぐためには何が必要か、
エピペンでは重症例の死亡は防げない可能性があること、エピペンによる治療に頼らずアナフィラキシーを予防することが重要であることを解説しました。
 アレルギーは哺乳動物がもつ進化した防衛反応です。体に合わない物質が体内に入り込まないように防衛しています。アレルギー症状のみを抑えるのではなく、原因となっている化学物質を環境中や食品中から極力減らすとアレルギー症状はおさまっていきます。アレルギーを抑え込むのではなく、アレルギーを起こす必要がない生活環境と食生活が必要です。アレルギーの人たちが嫌っている化学物質は神経や内分泌、免疫を障害し、健康を壊していきます。
 娘のアナフィラキシーを体験し、多数のアナフィラキシー症例、アナフィラキシーによる死亡例を体験した経験から、アナフィラキシーの発病を予防し、アナフィラキシーの進行を遅らせて死亡例をなくすことを目指して書きました。2014年8月、「子どもと健康」編集委員会が主催した第19回『子どもと健康』研究フォーラムの第2分科会「アナフィラキシーと学校対応」での講演内容をまとめ加筆したものです。

2014/3/22
 都合により、4月20日のワクチン接種は中止します。

2014/02/28 
    2月26日よりスギ花粉が飛散し始めました。
     花粉対策をしましょう。

2014/2/13

  日曜日のワクチン接種を実施します
   
忙しい方のために、日曜日にワクチン接種を実施します。
    
2014年3月16日 13:00に5名、 13:30に5名 計10名 電話で予約してください。
         (ワクチン接種のみです。一般診療は行ないませんので、処方などはできません。


------------------------------------
こぶたっこクラブ新年会
2014 
   2014/2/11(祭日)

 かくたこども&アレルギークリニックで開催

  基本的に牛乳、卵、魚、大豆油、小麦を除去した1品を持ち寄り、みんなで食べました。

 みんなの創意工夫がいっぱい詰まった傑作です。とてもおいしくいただきました。

 毎年、参加者の腕前が上がっています。
 レシピは作成しますので、お待ちください。

 みんなの力作のレシピで豪華なお食事です。

           こぶたっこクラブ新年会2014年 写真集



2014/2/6

 もうすぐ、スギ花粉飛散が始まります。
   
   
花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2/6

2014/01/11

東北地方の落花生による危ない豆まきと
          チョコレートが出回るバレンタインデーがもうすぐです。

  アレルギーが悪化しないように準備しましょう。


  豆まきは殻付き落花生?大豆?危ないピーナッツに注意!

  異物を吸い込んでしまった時の対処法 ピーナッツ
   
  バレンタインデー  チョコレートに注意!




   過去のnews