2018/12/06
   かくたこども&アレルギークリニックのインスタグラムを開設しました。
 いろいろな情報を提供中です。

    かくたこども&アレルギークリニックのインスタグラム

2018/11/12
 
化学物質汚染と学習障害---アレルギーの子どもたちは発達障害の原因となる化学物質を避けるためにアレルギーを起こしています。
 以前、厚生労働省科学研究費で行ったシックハウス症候群の子どもたちの調査では、室内化学物質濃度が高いと動作性IQ(Performance Intelligence Quotient:PIQ)が低下し、言語性IQとの差が大きくなり学習障害を起こしていることが分かりました。
 特に影響した化学物質は防虫剤成分のパラジクロロベンゼンでした。
 この化学物質は有機塩素系化合物であり、過去に使用が禁止されたり規制がされたりしいるDDTなどの有機塩素系農薬、ダイオキシンやPCBの仲間であり、これらの物質は脳神経の発達を障害することが分かっています。
 アレルギー治療の目標は、健康に発育できるようにアレルギーを起こす必要がない食生活と環境を作り出すことです。無理にアレルギーを抑えることではありません。

詳細→
  化学物質汚染と学習障害---子どもたちは発達障害の原因となる化学物質を避けるためにアレルギーを起こしている  2018/11/12UP

2018/10/26 

アナフィラキシーの増補版が発刊されました。
 ---11月9日、 11月15日の発刊を前に注文が多く第2刷の増刷が決まりました。

著作物と本の紹介


角田和彦:アナフィラキシー 原因・治療・予防 柘植書房新書 2200円 
           2018年11月15日増補版発刊 2014年4月初版発刊 
増補に当たって
 初版が発刊されてから、4年、この間にアレルギー関連、食物関連の様々な変化がありました。
食物負荷試験や、食べる量、食べる食材の形への考慮がないまま「食べてなおす」が進められ、国外では死亡例が発生。国内でも多くの例でアナフィラキシーを発病し、重篤な後遺症を残す例が報告されました。その後、食べさせる量はかなり減らされましたが、まだ混乱の中にあります。アレルギーは健康状態を壊す毒物や化学物質を察知して避けようとする哺乳動物が進化させた高度な免疫です。無理やりアレルギーを抑えて食べさせると異常なアレルギー反応が起きたり、含まれる毒物や化学物質で病気を起こしたりしてしまいます。せっかく起こしたアレルギーです。大切に考えて対応することが必要です。
 食物アレルギーは環境中の食物抗原に接触することで起こることが徐々に理解されてきましたが、保湿剤を塗ればアレルギーの発症が減らせるという安易な考え方で進められています。環境中の食物抗原の整備をして皮膚からの侵入を抑えることが大切です。また、柔軟仕上げ剤やリンス、空中除菌剤、ウェットティシュ、おしりふき、手指消毒剤などに含まれる陽イオン系合成界面活性剤は細胞膜を破壊し皮膚や粘膜の防御層を壊し抗原の体内侵入を促進させ、アレルギーを誘発します。その、多量の陽イオン系合成界面活性剤が日常生活であふれています。また、それに添加された人工香料による神経系の障害も多くなっています。
 腸内細菌の状態がアレルギーを含めた様々な疾患の発病を軽減することがわかり、様々な乳酸菌に関連した食品が販売されていますが、正常な日本人の腸内細菌を作り出すための食べ方についてはあまり論議がされていません。日本人に合った日本の発酵食をうまく使った食べ方をすることで、日本人にとって正常で健康的な腸内細菌が出来上がります。
 アメリカでトランス脂肪酸の害を減らすために食品へのトランス脂肪酸の添加が制限され、日本国内でもトランス脂肪酸を減らしたマーガリンなどが販売されましたが、まだまだ、関心が少ないのが現状です。トランス脂肪酸は細胞膜に入り込み細胞膜の働きを傷害して様々な病気を起こします。アトピー性皮膚炎の人たちはそれを嫌がり、健康状態を維持するためにトランス脂肪酸を皮膚に噴き出せて体内をきれいにしようとします。その結果、皮膚は荒れてしまいます。皮膚の常在菌であるマラセッチアというカビ(通常は皮膚の健康を維持するために油脂を食べて分解し、皮膚の他の微生物に栄養を与えています)が噴出した油脂を餌にして異常に増えてしまい、増えたマラセッチアにアレルギーを起こし強いかゆみが起きてしまいます。トランス脂肪酸の摂取を減らすとアトピー性皮膚炎は軽減します。
 近年、アメリカやヨーロッパでは農薬や化学物質が子たちの神経系の発達や働きを障害することを警告する宣言が出されていますが、日本では対応が遅れています。レイチェルカーソンの「沈黙の春」やシーアコルボーンの「奪われし未来」に書かれているような状態が起きつつあります。最近、神経系の発達や働きを障害する農薬や化学物質について最新情報を記載した本が日本でも出版されました(木村-黒田順子 :地球を脅かす化学物質)。アレルギーの人たちはそれらの化学物質を避けるようにそれらの化学物質にアレルギー起こして体内への侵入を阻止しようとしています。また、環境ホルモンによる影響は国外では依然として活発に論議されていますが、日本では忘れ去られたかのような状態が続いています。もっと、健康や発達を障害する化学物質に目を向けるべきです。
 その様なさまざまな変化を今回の増補で付け加えました。日本の遺伝子に合った食べ方を、化学物質に注意しながら環境も含めて現代風に創生していくことが、とても大切です。アナフィラキシーは食べ方や環境の悪化への警告の叫びです。
 食べものは薬ではありません。アレルギー反応を抑えるためにと体が嫌っている食べ物を、食べたら具合が悪くなる食べものを、一回何グラムと薬のように無理やり食べる食べ方ではなく、毒物を含まない体に合った健康になる食事を家族と一緒に楽しく食べる食べ方をすることが、元気な体と心と命を作り上げてくれます。アレルギーを起こす必要がない食べ方を見つけ、環境に注意しながら、元気いっぱいに夢に向かって生きていくための食事をしましょう。



2018/10/5
 インフルエンザワクチンの接種を始めました。
  残念ながら今年もチメロサールが入っていないワクチンはほとんど製造されていません。 1歳未満用のワクチンはもう少し先になります。
 西日本ではインフルエンザで学級閉鎖になっているところもあります。宮城県ではまだ数名ですが感染者はすでにいます。


 
2018/09/27
 今度はイギリスで2016/07/16にサンドイッチを食べ、ゴマアレルギーによるアナフィラキシーを起こして死亡した当時15歳の少女をめぐる死因審問が9月24日、ウェスト・ロンドン検視官裁判所で始まったことが報道されました。サンドイッチにゴマが入っていることが表示されていなかったため、食べてしまいアナフィラキシーを起こしたようです。父親がエピペンを2回使いましたが回復せず死亡しました。食物による死亡するような激しいアナフィラキシーはいったん起こると治療しても止めることができません。昨年、食物負荷試験中にアナフィラキシーを起こして死亡したアメリカの3歳のお子さんは、充分な救急処置ができる立派な小児病院で死亡しています。今回の15歳の少女の場合も2回エピペンを使用しましたが回復はできませんでした。食物によるアナフィラキシーではエピペンを過信してはいけません。アナフィラキシーの最大の治療は予防することです。
https://www.bbc.com/japanese/45635524

2018/09/25
 イギリス・ロンドンの中学校で、Tシャツの中にチーズを入れられた13歳の少年がアナフィラキシーで死亡するという悲しい事件が起きました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00010003-huffpost-int

 チーズを入れた少年もまさか死亡するとは思っていなかったでしょう。
 詳細は不明ですが、重症の牛乳アレルギーがあったようです。
 原因食品への接触でも激しいアレルギーが起きます。本人だけでなく、家族も食事に注意して家庭内に原因食品を持ち込まないようにすると激しいアレルギーが起きないようになります。家庭の環境が悪いとアレルギーはどんどん激化していきます。家族も含めた食事療法が必要です。牛乳のアレルギーでは「食べて治す」は効果が少ないことが分かっています。特に、遺伝的に牛乳に含まれる乳糖を分解できない日本人では効果が見込めないでしょう。


2018/9/10 急に冷え込み、衣替えを行うの季節になりました。
 今年の夏は高温多湿。ダニやカビが増えたはずです。ほこりを浴びるとアレルギー症状が強く起こる可能性があります。寝具の掃除を継続し、衣類や寝具を出すときは天気予報を参考にしながら早めに準備しましょう。夜、寒いからと洗っていない寝具や衣類を使わないようにしましょう。
 秋になり空気が乾燥するとほこりが飛び散りやすくなります。掃除機で部屋の中のほこりを取っておきましょう。 

                衣がえ (2002/8/23)

 



2018/09/01
 新刊の紹介




角田和彦:エピペンでアナフィラキシーは防げない--最大の治療は予防が一番--、食べもの文化 No530、6-36ページ、2018
 2018年7月東京で開催された芽ばえ社主催の第 33 回食と健康を考えるシンポジウムの講演内容の一部をまとめたもの。エピペンではアナフィラキシー死を予防できないこと、アレルギーを起こさないですむ食生活などを記述したもの。


木村-黒田順子 :地球を脅かす化学物質  晦鳴社 
現在の日本が抱えている化学物質の問題を農薬を中心に最新情報を含めて記述しています。どのように化学物質が子どもたちの正常な発達を脅かしていくのかが、現在の最新の視点で、最新の文献をもとに書かれています。子どもたちの正常な発達を望む人は必読です。残念なのは人が食べている最大量の人工化学物質であるトランス脂肪酸に関する記述がないこと。トランス脂肪酸は細胞膜を構成する脂肪酸に紛れ込み、細胞膜を乗っ取ります。それにより細胞機能は正常に働かなくなり、体全体が不健康になります。これは著者の次回作に期待します。----人などの哺乳動物はこれらの化学物質を含む食品や花粉などの自然物にアレルギーを起こすことで化学物質の体内への侵入を防御します。

AMAZON



2018/08/28

   ヨモギやブタクサ花粉(キク科)の飛散、
   ススキ花粉(イネ科)も飛散が始まります。
   午後の風がある時は注意。
   朝露で葉っぱが濡れている朝早くは飛びません。

  花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)


2018/08/22 

こぶたっこクラブ夏祭り  2018 
    
2018/8/11(祭日)11:00AM〜14:00PM
  
かくたこども&アレルギークリニックにて

今年は台風の通過後で風が強いが晴れ時々くもり。暑い日でした。

    
こぶたっこクラブ夏祭 写真集 2018


2018/08/05

以下の項目を改定しました。

原因食物の摂取による食物アレルギーの治療   2011/1/24 2018/8/5改

接触によるアレルギーの感作  2011/1/20 2018/8/5改

花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2/6 2018/8/5改


2018/08/05

 化学物質とアトピー性皮膚炎、アレルギーの関連を解説しました。

  化学物質汚染とアトピー性皮膚炎・アレルギー 2018/08/05



2018/03/03

スギ花粉の飛散が始まりました。

   花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2


2018/02/11
こぶたっこクラブ新年会 2018    2018/2/11(祭日)

 かくたこども&アレルギークリニックで開催

  基本的に牛乳、卵、魚、大豆油、小麦を除去した1品を持ち寄り、みんなで食べました。

 みんなの創意工夫がいっぱい詰まった傑作です。
  とてもおいしくいただきました。

 毎年、参加者の腕前が上がっています。 
  レシピは作成しますので、お待ちください。

 みんなの力作の豪華なお食事です。


  こぶたっこクラブ新年会2018年 写真集




2018/01/18
 気温が上昇し、今年初めてのスギ花粉を1個確認しました。

  スギ花粉の飛散が始まります。

花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2




2018/01/09

東北地方で行われる落花生による危ない豆まき

チョコレートが多量に出回るバレンタインデーがもうすぐです。

  アレルギーが悪化しないように準備しましょう。

  豆まきは殻付き落花生?大豆?危ないピーナッツに注意!

  異物を吸い込んでしまった時の対処法 ピーナッツ
   
  バレンタインデー  チョコレートに注意!












2017/11/16
Xmas ケーキ作り講習会 2017
もうすぐXmasです。
ケーキ作りの講習と実習会があります。
2017/12/7 PM2:00-クリニック2階
詳しくは、クリニックに問い合わせしてください。
材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、バニラ、サツマイモ、豆腐




 もうすぐクリスマスです。安全でおいしいケーキを準備しましょう。

     クリスマスケーキの選び方 2010/11/24 

     クリスマスの楽しみ方


----------------

2017/11/14
  当クリニックでは、多くのアレルギーの方たちの診療やアナフィラキシーによる死亡例の経験から、多量を食べて行う経口食物免疫療法は危険であることをインターネットや著書で訴えてきました。

 次の文章は2017年3月に当クリニックの診療の内容を理解していただくために、多賀城市の保健担当者や一部の小児科医の方に配布したものです。

 そのままになっていましたが、アメリカでの食物チャレンジ試験での死亡例や今回の事例を受けて一般公開します。 読んでみてください。

かくたこども&アレルギークリニックの診療、その歴史
                Websiteへ
かくたこども&アレルギークリニックの診療、その歴史               Word文書 2017/3/13 角田和彦



2017/11/14  国内事例

食物経口免疫療法でアナフィラキシーを起こし低酸素性脳症に

    2017/08/07に -- 2017年7月30日、アメリカのアラバマ州の3歳の男の子が食物チャレンジ試験中に死亡したことをお伝えしました。ニュース内容。

 当クリニックでは、食物アレルギーはいったん激しい症状を起こすとエピペンでも回復は望めないことを訴えてきました。

 今度は、日本国内で食物経口免疫療法を実施中の子供がアナフィラキシーショックを起こし呼吸停止し、エピペンを使用しましたが低酸素性脳症となり、現在も治療中であることが報告されました。

    http://kcmc.kanagawa-pho.jp/patient/milk-allergy.html

    詳細 PDF

---詳細より抜粋-----
2 重篤な有害事象名・経過
【重篤な有害事象名】 牛乳摂取後の急変
【対象疾患】 牛乳アレルギー
【重篤な有害事象の経過】 本事象は重症牛乳アレルギーに対する急速経口免疫療法を入院して実施、退院後の維持療法中に発生 した。本治療前の経口負荷試験では牛乳 8ml で誘発症状を認めたため、治療は牛乳 1ml の摂取から開 始し、治療 17 日目に 135ml の摂取が可能となり、これを維持量とした。その後は 1 日 1 回維持量の牛 乳の摂取を継続し誘発症状の確認を行った。入院中、病室や外泊時に摂取後の体動に関連した症状誘発 が認められ、摂取後 2 時間は運動を控えて安静にすることを指示し、治療 22 日目に退院、家庭でも維 持量の牛乳 135ml の摂取を定期的な外来受診のもと継続した。また、喘息を合併していたため、本療法 開始時に予防薬を強化したのみで、喘息のコントロールは良好であった。 退院 3 ヶ月後、喘息発作があったが、気管支拡張剤吸入で改善し、翌日の行事に参加した。その翌 日、牛乳 135ml を摂取した後に、苦しさを訴え呼吸停止となった。救急車を要請、エピペンを大腿部に 使用し、救命センターに搬送されて蘇生術を受けた。現在も低酸素性脳症にて治療を継続している。
-----------------

 報告されていないこのような事態に陥る直前のニアミス例は多数存在すると思われます。


2017/10/19

当クニックの記事が掲載されました。

角田和彦:アレルギー治療の根本は対処ではなく原因の排除 P30-33、医師が薦める本物の健康住宅 2017ー2018年 WINT―0宣言の家 0宣言を取り入れた住まい2017/10 




2017/9/4 もうすぐ急に冷え込み、衣替えを行うの季節になります。

                衣がえ (2002/8/23)

 


   ムカシヨモギはすでに開花しています。
   ヨモギやブタクサ花粉(キク科)が飛散開始です。
   ススキ花粉(イネ科)も飛散が始まっており注意。
   午後の風がある時は注意。
   朝露で葉っぱが濡れている朝早くは飛びません。



  花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)

   


2017/08/24

2017年 プークの人形劇があります

2017年 第22回 プークのにんぎょう劇公演

 三匹のやぎのがらがらどん
   いつもちこくのおとこのこ



とき:2017年 9月23日 祭日 午後1時開場 午後1時30分開演

ところ:東北学院幼稚園ホール        上演時間1時間15分

入場料:4才以上大人まで  前売り 1500円  当日券 1700円  (全席 自由席)

問い合わせ・申込 :電話022-389-0722 FAX022-389-0723 有限会社マークスまで 

http://kakutaclinic.life.coocan.jp/Pu-ku.htm  kakuta-clinic@palette.plala.or.jp

主催:第22回プークの人形劇をみる会、企画:有限会社マークス

後援:アレルギーを持つ子供の親の会こぶたっこクラブ、かくたこども&アレルギークリニック

とき:2017年 9月23 祭日 午後1時開場 午後1時30分開演

ところ:東北学院幼稚園ホール        上演時間1時間15分

入場料:4才以上大人まで  前売り 1500円  当日券 1700円  (全席 自由席)

問い合わせ・申込 :電話022-389-0722 FAX022-389-0723 有限会社マークスまで 

http://kakutaclinic.life.coocan.jp/Pu-ku.htm  kakuta-clinic@palette.plala.or.jp

主催:第22回プークの人形劇をみる会、企画:有限会社マークス

後援:アレルギーを持つ子供の親の会こぶたっこクラブ、
    かくたこども&アレルギークリニック




2017/08/11

こぶたっこクラブ夏祭り  2017 
    
2017/8/11(祭日)11:00AM〜14:00PM
  
かくたども&アレルギークリニックにて


    
こぶたっこクラブ夏祭 写真集 2017




2017/08/07
  2017年7月30日、アメリカのアラバマ州の3歳の男の子が食物チャレンジ試験中に死亡しました。ニュース内容。
 
 食物チャレンジ試験は設備が整った小児病院で行われたようです。
 母親は事前に死亡する可能性を伝えられていなかったようです。
 
 食物アレルギーは急激に進行する場合があり、私が経験した3例の死亡例では、エピペンなどの処置も行う余裕がなく、あっという間に脳死状態になっています。 いったん起こった死亡に至るようなアナフィラキシーショックは治療ができません。最大の治療はアナフィラキシーを起こさないように予防することです。

 近年、食物アレルギーに対するあまりに軽い考えが広がり危惧していました。

 
原因となる食物を食べてアレルギーやアナフィラキシーを起こしてもエピペンを使えば命は大丈夫という間違った認識をしていませんか?

 現状を見ると、死亡までは至らなかったが、それに近い状態になった例は多数存在している可能性があります。死亡しないと公開されない状態は悲しいことです。

 激しいアレルギーを起こすたびにその人の脳細胞や体の細胞は壊れていきます。

 もし、激しいアレルギーが起きてしまった場合は、薬では治療ができません。

 負荷試験を行う場合、食べて治す方法を行っている人は、負荷試験や原因食品を食べることの危険性を充分に認識したうえで行う必要があることを知っておくべきです。

 私も30年前は、1000件以上の食物負荷試験を行いました。しかし、激しいアレルギー症状やアナフィラキシーを起こす例も多く、生命の危険を認識しました。また負荷試験では正確にアレルギー状態を評価できず(接触によるアレルギーや遅延型アレルギー、化学物質の影響を評価できない)ため、負荷試験を行わないで診療する方法を模索してきました。

  したがって、当院では、負荷試験の危険性を充分に認識し、あえて負荷試験は行わず、アレルギーを起こさないように配慮した治療を行っています。

原因物質の摂取による食物アレルギーの治療

角田和彦:もっと知りたい食物アレルギーとアナフィラキシー 芽ばえ社

食物アレルギーとは?わかりやすく解説。アナフィラキシーとは?アナフィラキシーによる死亡を防ぐために何が必要か、エピペンでは重症例の死亡は防げないこと、アナフィラキシーは予防することが重要であることを解説。アナフィラキシー対応と予防の内容をさらにわかりやすく解説。さらに、最新情報を記載。
 アレルギーは哺乳動物がもつ進化した防衛反応です。アレルギー症状のみを抑えるのではなく、原因となっている化学物質を環境中や食品中から極力減らすとアレルギー症状はおさまっていきます。アレルギーを起こす必要がない生活環境と食生活が必要です。アレルギーの人たちが嫌っている化学物質は、健康を破壊していきます。


角田和彦:アナフィラキシー 対応と予防 柘植書房新書 
 
アナフィラキシーとは何か、悲惨なアナフィラキシーによる死亡を防ぐためには何が必要か、
エピペンでは重症例の死亡は防げない可能性があること、エピペンによる治療に頼らずアナフィラキシーを予防することが重要であることを解説しました。
 アレルギーは哺乳動物がもつ進化した防衛反応です。体に合わない物質が体内に入り込まないように防衛しています。アレルギー症状のみを抑えるのではなく、原因となっている化学物質を環境中や食品中から極力減らすとアレルギー症状はおさまっていきます。アレルギーを抑え込むのではなく、アレルギーを起こす必要がない生活環境と食生活が必要です。アレルギーの人たちが嫌っている化学物質は神経や内分泌、免疫を障害し、健康を壊していきます。
 娘のアナフィラキシーを体験し、多数のアナフィラキシー症例、アナフィラキシーによる死亡例を体験した経験から、アナフィラキシーの発病を予防し、アナフィラキシーの進行を遅らせて死亡例をなくすことを目指して書きました。2014年8月、「子どもと健康」編集委員会が主催した第19回『子どもと健康』研究フォーラムの第2分科会「アナフィラキシーと学校対応」での講演内容をまとめ加筆したものです。




2017/05/01

イネ科花粉の飛散が始まりました。
 特にカモガヤに注意 1.2mぐらいのところで咲くので
 花粉を多量に浴びる可能性があります。



花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2


2017/2/11
こぶたっこクラブ新年会 2017    2017/2/11(祭日)

 かくたこども&アレルギークリニックで開催

  基本的に牛乳、卵、魚、大豆油、小麦を除去した1品を持ち寄り、みんなで食べました。

 みんなの創意工夫がいっぱい詰まった傑作です。
  とてもおいしくいただきました。

 毎年、参加者の腕前が上がっています。 
  レシピは作成しますので、お待ちください。

 みんなの力作の豪華なお食事です。


  
こぶたっこクラブ新年会2017年 写真集



2017/02/17

    2017/02/16 スギ花粉  2.5個/平方cm飛散。 
           気温上昇で花粉飛散が始まりました。
    2017/02/15 スギ花粉1個 0.3個/平方cm飛散。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 


2017/01/21

スギ花粉の飛散が始まります。

花粉の対策をしてください。

    花粉飛散量測定(宮城県多賀城市鶴ヶ谷)2005/3/21- 

    花粉の対策 (2002/1/24)

  
花粉症の軽減 日本型中和療法 野菜を食べて花粉症を抑える 2014/2


2017/1/12

東北地方の落花生による危ない豆まきと
          チョコレートが出回るバレンタインデーがもうすぐです。

  アレルギーが悪化しないように準備しましょう。

  豆まきは殻付き落花生?大豆?危ないピーナッツに注意!

  異物を吸い込んでしまった時の対処法 ピーナッツ
   
  バレンタインデー  チョコレートに注意!


2016/12/16
   
今日、子供たち用に作ったクリスマスケーキ おいしそう!
材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、バニラ、サツマイモ、豆腐
牛乳や卵、小麦を使っていません。








2016年12月01日(木曜日) かくたこども&アレルギークリニック2階
 Xmasケーキ作り講習会
    クリスマスケーキの講習会を開きました。
    材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、バニラ、サツマイモ、豆腐



2016/12/01
 クリスマスツリーを飾りました。当クリニックのクリスマスツリーはフライングツリーです。
    


 もうすぐクリスマスです。安全でおいしいケーキを準備しましょう。

     クリスマスケーキの選び方 2010/11/24 

     クリスマスの楽しみ方

   今日、クリスマスケーキの講習会を行いました。


2014年11月26日(水曜日)に実施したケーキ作り講習会 
              かくたこども&アレルギークリニック2階


 Xmasケーキ作り講習
  
  
  材料:米粉、砂糖、ダーボン社有機パーム油ショートニング(トランス脂肪酸フリー)、

  バニラ、サツマイモ、豆腐






016/11/15
    今日の夕方の東北放送のニュースにコメンテーターで少し出演しました。

環境中汚染化学物質-芳香族炭化水素受容体(AhR)とアトピー性皮膚炎のかゆみとの関係

芳香族炭化水素受容体(AhR)とかゆみ 2016/11/16


   
東北大大学院医学系研究科の山本雅之教授(医化学)らの研究グループが、大気汚染物質が原因で引き起こされるアトピー性皮膚炎の仕組みを解明したと発表しました(2016/11/15河北新報、東北放送など)。

 研究グループは、有毒物質の芳香族炭化水素(ベンゾピレンなど石油燃焼物)やダイオキシン、PCBと結合する芳香族炭化水素受容体(AhR)が、大気汚染物質と結合し活性化すると、神経を成長させるタンパク質(アルテミン)が増え、それによって神経が真皮から表皮に向かって発達し、かゆみを増強させることを発見しました。かゆみによって皮膚をかきむしることで皮膚のバリアー機能は壊れ、そこからダニや花粉、食物、カビ、動物上皮や毛などのアレルギー原因物質が体内に侵入し、アレルギーを引き起こします。

芳香族炭化水素受容体(AhR)は、大気汚染物質の芳香族炭化水素だけでなく、ダイオキシンやPCBに強い結合性があります。

ダイオキシンやPCBを含む食品(魚、牛乳、牛肉、卵、鶏肉、動物性油脂、植物性油脂の一部などに、食物連鎖によって濃縮蓄積される)の摂取は、アレルギーやアトピー性皮膚炎の症状を悪化さることを当クリニックでは多くの患者さんで経験しています。また、それらの化学物質の摂取を減らすとアトピー性皮膚炎やアレルギーの症状が軽減します。

ダイオキシンやPCBは油脂に溶けやすく、体内に入ると皮膚の皮脂腺から皮脂と一緒に皮膚に排泄されます。皮膚では大気汚染物質と同様にダイオキシンやPCBが芳香族炭化水素受容体(AhR)と結合し同様のことが起きるはずです。今回の研究は、そのことを科学に証明したことになります。

 アトピー性皮膚炎の人たちの皮膚は毛の根元にある皮脂腺が異常に腫れ、赤くなり、強いかゆみを伴います。(http://kakutaclinic.life.coocan.jp/ADTFA.html)今回発見されたメカニズムはアトピー性皮膚炎人たちの異常なかゆみが環境汚染化学物質で引きこされていることを説明する一助となりそうです。

 大気中のこれらの汚染物質を減らすためには、地域的には自動車の排気や工場の排気などの規制を行い、大気を清浄化することが必要です。個人的には室内や寝具の掃除機がけ、洗濯ものの干し方、換気、空気清浄機などの対策が有効です。

 食事は、ダイオキシンやPCBなどの汚染された食品を避け、食物繊維を含む野菜などの食品を多く食べて体内の汚染化学物質を排泄することが大切です(食物繊維に汚染された油脂が付着して便として排泄されます)。アトピー性皮膚炎の人たちは、皮脂腺からこれらの汚染化学物質を排泄するため、体内はきれいになりますが皮膚は壊れてしまいます。

 平成11年にダイオキシン類対策特別措置法が実施されてから、ダイオキシン類は減少して症状が少し軽くなった印象を持っていましたが、あたっていたかもしれません。PCBは全く減っていません。環境中の生物の油脂に食物連鎖で濃縮されて以前残留しています。

    つづき  → 芳香族炭化水素受容体(AhR)とかゆみ 2016/11/16



2016/10/25 アクリルアミド

     今年、食品中の化学物質で注目される物質はトランス脂肪酸とアクリルアミドです。

 イモや穀物を高温で加熱調理することで、アクリルアミドという化学物質が生成されることが、2002年スウェーデン政府より発表されました。
 その後、様々な研究機関が研究や調査を行って来ています。
 この物質は、工業的には様々な製品に使われていますが、食品加工中に生成されることはそれまで誰も知りませんでした。
 健康被害として、手足が震えたり、感覚がマヒするなどの末梢神経障害に加えて、発がん性が疑われています。--国際がん研究機関(IARC:International Agency for Research on Cancer)による発がん性分類で、アクリルアミドは2A(人に対しておそらく発がん性がある)に分類

 高温で揚げたり、焼いたりした調理や加工で生成されるため、アトピー性皮膚炎やアレルギーの人たちが嫌がる化学物質のうちの1つと思われます。
 
 加熱しない食材、煮る、蒸すなどの調理では生成されないか極微量しかできません。

   ---> アクリルアミド


2016/09/30
    10/1より インフルエンザワクチンの接種の予約を開始しました。電話での予約をお願いします。

  今まで、当クリニックで使っているインフルエンザワクチンはチメロサール(有機水銀)が含まれていないものを使ってきましたが、震災や製造会社の体制により、今年はチメロサールが含まれないワクチンの製造がなく、入手ができません。したがって、今年のインフルエンザワクチンはチメロサール含有のものを使います。来年からはチメロサールフリーのワクチンが製造されることを願っています。

 当クリニック受診中の方は電話で予約をお願いします。
 卵アレルギーがあっても、ご本人と家族がきちんと卵の除去や掃除などの対策をとっている人は、今まで希望者全員に接種でき、重篤な副作用は起きていません。

 当クリニックで治療されていない方で卵アレルギーがある方は重篤な副作用を起こす可能性が高いため、事前に受診していただき、対策を実施後に接種になります。



   過去のnews


                               

NEWS